JDL IBEX出納帳Et(無料版)とJDL IBEX出納帳netを簡単に比較してみる

アイベックスボーイ

結論から書くとJDL IBEX出納帳Et(無料版)で出来る範囲は白色申告までのようですねぇ。というのは、無料版は印刷機能がついていない!つまり仕訳帳の印刷(出力)ができないのだ。出力ができないとなると、ただ自分で管理しているものを見やすくするためのツール…、もしくは白色申告時に数値の確認だけしたいだけという事になる。

しかし有料オプションを付けることで出力が可能となる。

  • JDL IBEX出納帳Et 帳簿出力 1年 3,000円
  • JDL IBEX出納帳Et CSV出力 1年 2,000円

以上のようになっており、無料でスタート出来る割には結構な代金がとられてしまう。

通常のJDL IBEX出納帳netであれば毎月380円となるので、1年間の合計は4,560円となる。なお、IBEX出納帳netの方でもオプション追加ができ、

  • JDL IBEX出納帳net CSV入出力 1,440円(年間)
  • JDL IBEX出納帳net Excel帳表出力 1,800円(年間)

以上のようになっており、通常の帳簿印刷では追加代金は要らない。

IBEX出納帳EtとIBEX出納帳netを比較してみると、差額は1,560円となっている。安さだけで考えるとIBEX出納帳Etを利用したいところだが、機能を見比べるとどうだろうか。

IBEX出納帳Etは最近登場したこともあってか、詳しくは記載されていない。もしくは、無料だからまずは登録して使ってみろ…という事であろうか。おそらくだが、確定申告機能はついていないように思える。初心者用に簡単入力設計になっているので、法人用のソフトウェアとしては(利用しても問題無いようですが)機能不足も想定される。

まとめると、白色申告のみ行う・ただ後から確認する為にまとめておきたいという方(ただし、印刷機能いらない方)には無料版で十分かと思う。印刷機能が必要になっても3,000円を別途支払えば対応出来る。

JDL IBEX出納帳EtからJDL IBEX出納帳netに引き継ぎ出来るのであれば話は別だが、引き継ぎ出来ないのであれば無料版から始めるべきかどうかは悩むところです。機能を比較して慎重に決めたいところです。(もしくはJDL IBEX出納帳EtのCSV出力オプション購入を利用し、JDL IBEX出納帳netのほうで入出力オプション購入で対応できるのかもしれません)

参考リンク、機能比較はこちらから

質問式伝票入力方式の無料記帳ソフト – JDL IBEX出納帳Et –

JDL IBEX出納帳net – 会計ソフト・経理ソフト

スポンサードリンク

One thought on “JDL IBEX出納帳Et(無料版)とJDL IBEX出納帳netを簡単に比較してみる

  1. Pingback: JDL IBEX出納帳Et(無料版)が早くも終わる件 | ninnin.in -ニンニンイン-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。