Windows XAMPPにmemcached入れる方法

参考サイトを幾つか。
Windowsにmemcacheをインストール、PHPの設定 – Kinopyo Blog
上記サイトでは【memcached 1.2.6】を利用しているので、最新版の【Memcached 1.4.14】を利用する場合は自分でダウンロードする必要がある。
上記のサイトからダウンロード先(http://code.jellycan.com/memcached/)へのリンクが貼られているが、更にそこから先(http://www.danga.com/memcached/)へ進める。おそらく、Memcachedの公式サイトだろう。ここでは現地点の最新版【1.4.14】が置いてあるが、Windows用のバイナリファイルは無いようだ。
しょうが無いから適当にググって探してみた。
Various versions of Memcached for Windows – Eli
どうやら上記のサイトから、バージョンが古いWindows用のデータが存在するようだ。

Memcached 1.2.X
Memcached 1.2.4 for Windows (32 Bits) : memcached 1.2.4 win32.zip
Memcached 1.2.5 for Windows (32 Bits) : memcached 1.2.5 win32.zip
Memcached 1.2.6 for Windows (32 Bits) : memcached 1.2.6 win32.zip
Memcached 1.4.X
Memcached 1.4.2 for Windows (32 Bits) : memcached 1.4.2 win32.zip
Memcached 1.4.4 for Windows (32 Bits) : memcached 1.4.4 win32.rar
Memcached 1.4.5 for Windows (32 Bits) : memcached 1.4.5 win32.zip
Memcached 1.4.5 for Windows (64 Bits) : memcached 1.4.5 win64.zip

上記のデータをダウンロードし、C:\memcached\memcached.exe となるように移動しましょう。一緒に付属されていたdllファイルも一緒に。
このexeファイルを実行すると、コマンドプロンプトのような黒い画面が立ち上がる。この黒い画面を起動している間は、memcachedサーバーとして動いているようだ。黒い画面を終了してしまうと、サーバーも終了してしまう。しかしずっと起動しっぱなしというのも邪魔臭い。ですので、デーモン(バックグラウンドでずっと動いてる状態)として起動する。
まずはコマンドプロンプトを起動して、

cd C:\memcached // ファイルを置いたディレクトリへ移動
memcached -d install // PC起動時に立ち上がるようにする
memcached -d start // memcachedデーモンを起ち上げておく

と実行する。しかし、1.4.5のバージョンでは、Wiondwos端末への正常なインストールは出来ないようだ。(エラーが表示されてしまう。どうやらオプションが変わったらしい?不明)
そこで、1.4.4のほうをダウンロードし、同じようにインストールしてみると、正常に実行できました!
あ、64bit環境だと、どうするか分かりません…。32bitのが正常に動けば問題ないのですが、まだ試せてません~
■参考
Windowsにmemcacheをインストール、PHPの設定 – Kinopyo Blog
Memcached1.4系をWindowsにインストールする。x64編。 | キムラデービーブログ
memcached 1.4.5 が Windows でインストールできない件 – task avenue 2.0

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。