IEのバグ修正を速攻対応!XPも特別対応したらしいぜい!

Win7_mu09
数日前に、IE6-11のバージョンで欠陥があると報道された。日本のTVニュースなどでも大きく取り上げられ、話題となりました。Windowsに標準でインストールされている事もあり、利用者がとても多いのが現状で、パソコン初心者の方は大抵IEを利用しています。オススメとしては、FireFoxやGoogleChromeなどのブラウザを利用することでIE問題を回避することが出来ました。
色々と騒ぎが大きくされていく中、マイクロソフトが速攻修正パッチを作ってくれたようです。

以下引用です。

ネット閲覧ソフトの欠陥修正=XPにも特別対応―米マイクロソフト
時事通信 5月2日(金)5時23分配信
 【シリコンバレー時事】米マイクロソフト(MS)は1日(日本時間2日未明)、インターネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」にセキュリティー上の欠陥が見つかった問題で、欠陥修正プログラムを配布した。4月上旬にサポートを終了したパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」にも今回に限り対応する。
 MSは4月26日に欠陥情報を公開。米政府は同28日、ハッカー攻撃を受ける可能性があるとし、状況に応じて代替ソフトの使用も検討するよう呼び掛けた。同様の欠陥はこれまでもたびたび公表されているが、今回はXPのサポートが終了していることもあり、ユーザーの間に不安が広がっていた。
 MSは1日の声明で、欠陥問題とXPのサポート終了を絡めた報道に不快感を示し、「今回の欠陥に基づく攻撃は非常に少数というのが事実で、不安が誇張された」と異例の批判を行った。また、XPへの対応について「XPからの乗り換えの検討をやめてもよいという意味ではない」と強調。セキュリティー対策が強化されている新OSへの移行を改めて求めた。
 欠陥を修正するプログラムは、OSの更新プログラム「ウィンドウズ・アップデート」を通じて配布。更新が自動的に行われる設定にしてあれば、特にユーザー側で対応する必要はないという。また、手動でMSのサイトからダウンロードすることもできる。

XPにも対応するとのことですので、XPユーザも安心!これでまた数年は使い続けれますね!!!

参考サイト

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。