はてなブログでリダイレクトさせる方法その2

はてなブログから引越しする際に、アクセスを引っ張ってきたいと考える人が多いと思います。
はてなブログでリダイレクトさせる方法その1も参考にしてください。
※ただし、ガイドライン違反になる可能性もございますのでご注意

やり方

その1でも書いたとおり、はてなダイアリーとは違い、はてなブログでは自分で書いたJavaScriptが動きます。
全記事(どのページ)でも適用させたい場合は、以下のようにアクセスして行きます。

  1. はてなブログの管理画面にログイン
  2. 「デザイン」ページをクリック
  3. 「カスタマイズ」ページをクリック
  4. 「ヘッダ」ボタンをクリック
  5. 「タイトル下」の入力フォームに以下のようなスクリプトを仕込みます

コード

[code lang=”js”]
<script type="text/javascript">// <![CDATA[
// 外部リンククリック取得
jQuery(function(){
var rTime = 0;
var sArray = {
1366558881:{ url:"http://www.example.com/kiji-1/" },
1353503717:{ url:"http://www.example.com/kiji-2/" },
};
var postkey = location.pathname.split(‘/’)[3];

if( sArray[postkey] === undefined ){
//redirect_set(‘http://www.example.com/’);
}else{
redirect_set(sArray[postkey].url);
}

function redirect_go(url){
location.href = url;
}
function redirect_set(url){
//if( confirm(‘3秒後に’+url+’へ転送’) ){
setTimeout(redirect_go(url), rTime);
//}
}

});
// ]]></script>
[/code]

まとめ

これで自動的に好きなサイトへ転送させることが可能です。
仕組みとしては、URLのスラッシュ区切りの3つめの数字を取得し、そのページにあった転送先へリダイレクトさせるやり方です。
ただ、JavaScriptでリダイレクトさせてますので、301でもありませんし、GoogleBotも判断材料としないはずです。
この方法でアクセスを上げることはできるかもしれませんが、ページランクは引き継げません。

利用する場合は自己責任でお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。